女子大生と出会いたい男性向けの婚活サイト・恋活アプリランキング

若くて可愛らしい女の子が好きなのは男の常。女子高生との出会いは婚活サイトでも出会い系サイトでも難しいですし、そもそも犯罪行為。社会の荒波を知らず、汚れていない女子大生こそ多くの男性が一番彼女にしたい職業かも知れません。

 

女子大生と出会える婚活サイト・恋活アプリを徹底比較

社会人と付き合う女子大生も増えてきたこの頃。同世代の男子が子供に見えてしまって、年上男性に憧れる年頃。またフェイスブックユーザーが多く、恋活アプリに友達同士で気軽に登録したりもします。

 

さすがに婚活サイトではハードルが高いのか、大学生の姿はあまり見えませんでした。29歳以下大学生の会員数を比較して、ランキング形式で恋活アプリを紹介します。

 

 

Omiaiの特徴

大学生の中でも特に真剣な人が登録する恋活アプリ。他のアプリでは飲み友達が欲しいとか、人脈を広げたいという人が多いのですが、Omiaiは真剣に出会いを探すために登録している人が多いのです。看護学校や介護系、薬学部や医学部の女子大生が多い傾向にあります。大学で出会う顔ぶれに飽きてきたりとか、閉鎖的なコミュニティー内で恋愛をしたくないという理由で恋活アプリを使う傾向にありますので、大学2年生~4年生が特に狙い目でしょう。

価格 3980円
評価 評価5
備考 20代中盤~30代前半の女性が多い
Omiaiの総評

サイトの使いやすさやユーザーのアクティブ率は恋活アプリの中でも一番。なんでこんな可愛い女の子が彼氏いなんだろと思うような娘とも、普通にご飯とかカラオケ行けましたよ。

 

 

ペアーズ(pairs)の特徴

桁違いの登録者数を誇りペアーズ。その女子大生の数には正直驚きました。しかしOmiaiと比べると真剣度で大きく劣るため、友達と一緒に何となく登録した人も少なくありません。真剣な出会いを探している女子大生の割合はかなり低いのでその点だけご用心を。とは言ってもやはり数は圧倒的ですし、しっかり相手を選べば効率的な出会いの場として使えるでしょう。相手のプロフィールやマッチング後のやり取りで、利用の目的を見極めることが大切になってくるでしょう。

価格 2980円
評価 評価4.5
備考 若い女性が多い
ペアーズ(pairs)の総評

良くも悪くも気楽に使えるサイトです。会う前にお相手の真剣度を見極める必要はありますが、利用する価値は非常の高いと言えるでしょう。あまりの女子大生の数に目眩がするかも知れません。

 

 

マッチブックの特徴

機能的にはOmiaiよりも劣っているような印象がある恋活アプリですが、お相手からの返信率が高く、なかなか捨てたものではありません。会員数はOmiai・ペアーズよりも遥かに劣るものの、真剣な出会いが期待できます。ミス&ミスター大学生とコラボする企画などもやっているので、これから女子大生の登録者数が増えていく可能性は十分にあるでしょう。じっくりメッセージを積み重ねて行きたいという人にはおすすめの恋活アプリです。

価格 3980円
評価 評価3
備考 大学とのコラボ企画もあり
マッチブックの総評

会員数では劣るものの、逆に言えばライバルが少ないマッチブック。大学生の登録者も多いので穴場と言えるかも知れません。僕はめちゃくちゃカワイイ女子大生と会ってフラれましたが、登録して使って見る価値は十分にありますよ。

まずは恋活アプリOmiaiに登録を

 

ペアーズやマッチブックだけでなく他の恋活アプリとも比較してみましたが、真剣度の高さとサイトの使いやすさは随一のOmiai。無料登録でマッチングまで出来ちゃいますので、まずはここに登録しておきましょう。

 

他の恋活アプリに登録しても良いですが、Omiai無料会員で気になる女子大生にアプローチ、マッチングしたら有料会員になるという流れが一番スムーズで効率的だと思います。僕はOmiaiで二度見しちゃうほど可愛い女子大生の彼女が出来ましたので、若い女の子と付き合いたい方はぜひ使ってみて下さい。

 

 

女子大生と出会い恋人にするための3つのポイント

相手と対等に接する

婚活・恋活市場においては女子大生は圧倒的な地位を誇ります。しかしそれを認識していない女子大生も少なくありませんし、変に相手を立てる必要もありません。恋活の場では相手の方が立場が上だとしても社会人としての余裕と威厳を見せ、対等のように振る舞うと良いでしょう。

 

そうすることで女子大生側も変な劣等感を持たないで済みますし、良好な関係を築けるでしょう。もちろん傲慢になってはいけませんが、グイグイ引っ張る男らしさにグッとくる女子大生は少なくないと思うので、媚びへつらうくらいなら傲慢の方が良いと思いますよ。

 

大人の余裕を見せる

金銭的な面でもそうですし、精神的な面でも大人の余裕を見せるようにしましょう。必ずしも毎回、大学生では知らないようなお店でごちそうする必要はありませんが、3回に1回くらいは同世代の彼氏とは体験できないような場所に連れて行って上げるのも効果的。

 

女子大生の話には説教したくなるような事もあるかも知れませんが、相手の考え方や意見を尊重した上で同意していくような姿勢のほうが望ましいです。

 

相手の幼さを受け入れる

恋活アプリでプロフィール写真を見ていると、どうしても大学生の可愛さに目がくらんでしまいます。しかし実際に会ってみたら、とても恋愛対象とは思えないくらい幼く感じてしまうことも少なくありません。

 

年齢的な意味だけでなく、社会に出たことがないという理由や恋愛経験の少なさなどからそのように感じてしまう部分もあると思いますが、それらを受け入れて接していかないと対等な関係などは到底不可能。肉体的・精神的な幼さを許容する懐の深さで女子大生と接するようにしましょう。